夜の作業

明日再び低気圧が接近して強風の可能性があるとの事で、仕事から帰宅後、急遽巣箱の風対策に行ってきました。
8時まで営業しているホームセンターで焼杭を買い込んで、いざ鉢場。
画像

照明は月明かりとジムニーのヘッドライトだけが頼りです。
画像

焼杭を巣箱の三方にコーンコーンと打ち込んで、紐で縛って取り合えず完了。
…月夜の晩に無人の畑でハンマーを振り回し杭を打ちまくる男。
怪しさ爆発です。
知らない人が見たら、絶対変質者だと思うだろうなーw

ついでに久々に巣箱内も撮影してみました。
A群(元倉庫前群)
画像

あー、いい感じに居ますねぇ。

B群(元事務所前群)
画像

ちょい少ないか、まぁ、元々少なかったからねぇ。

C群(元柿の木下群)
画像

4段箱満杯、一番日当たり悪かったのに、随分増えてたんだな。

D群(元ザクロの木下群、先週倒れてたやつ)
画像

想定外の少なさ、少し逃去したのかなぁ。

E群(元梅の木下群)
画像

6段巣箱満杯wこいつらが一番の強群だったのか。

分蜂でどれだけ分かれるのか残ってくれるのか、楽しみです。

にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 86net

    毎年、山のさんオフ会でお会いした、ロケットストーブの方ですよね。
    間違いでしたらごめんなさいです。

    86netです、宜しくお願い致します。

    画像を見まして感じたことを述べます。
    余りに余分な空間が多すぎと感じます。今は底板着くまで巣板が伸びますと分蜂も早くやってきます。
    数年前に春彼岸の頃継枠を致しました。
    15センチ枠を継いだ群れは一月。
    9センチ枠を継いだ群れは15日分蜂が遅れました。
    以来春は継枠をせず、越冬に入る3段枠のままです。
    彼岸に巣箱を持ち上げてみますと意外に今年は軽く、貯蜜無し育児も遅れています。今年は春の蜜源花が遅れているのが原因と思います。
    分蜂は早いほどメリット有ります、数は多く出てきますし、立ち上がりが早く強群とそだちます。
    本日ブログにて「嫁ぎ先の皆様へ、29-2」を発信いたしました。
    ご参考になさってください。
    2017年04月11日 14:13
  • ぜろ@土浦

    ロケットストーブのぜろ@土浦です。

    なるほど、そうなると巣箱一杯になっていないA群B群D群は箱1段取ったほうがよさそうですね。
    確かにここの所寒いし、太陽黒点も少ない観測らしいし、貯蜜も少ない気がします。
    次の作業日にも1段取ってみます。
    2017年04月12日 01:34

この記事へのトラックバック