日本蜜蜂観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜂場の植生

<<   作成日時 : 2017/04/15 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

現在、蜂場に自生している植物をまとめてみた。
画像

オオイヌノフグリ、かなり生えてます。

画像

カラスノエンドウ、所々生えてます。

画像

ナズナ、かなり生えてます。

画像

ハコベ、相当生えてます。

画像

カラシナ、野生のダイコンだと思っていたのですが、花黄色いし葉っぱは直線なので、カラシナらしいです。

画像

謎、名前判りませんでした、現代農業の雑草特集にも載ってなかったし。
その他、スギナ、タンポポ、ブタナ等…。

ちなみに、蜂場の周囲。
画像

両隣も耕作放棄地なので、植生は似たり寄ったり。
ちょっと離れた所には、柿園や梨園、梅林竹林もあります。
あと、南に1キロ行ったエリアは蓮田が広がっていますね。
…蓮の蜜とか集めれらたら最高ですね(…出るのか?)

で、写真撮影していたら雷鳴が轟いて雨降り始めたので、作業中断して帰宅。
畑作業はまた明日ですね。
そして帰宅後。
蜂が家に居た当時水のみ場になっていた睡蓮鉢を大掃除。
水くみ出して、底に居たタナゴ・フナを避難させて、タワシでアオミドロ等のゴミを清掃。
新たに水を入れて、塩素飛ばして明日には復旧ですね。
…それはそうと、蜂場にも同様の水のみ場作りたいんですよね。
しかしあそこには水源無いから、頼りは雨水だけになってしまうのですが、ただタライ置いただけじゃそんなに水溜まらない気がするし。
巣箱に小屋状の屋根付けて雨水集められるようにできればいいのだけれど、素人作業でそこまで頑丈な物作れるか疑問だし。
でも、夏の日差しよけは設置しないといけないんですよね…。
単管パイプ打ち込んでシート張れば、日よけ&雨水集めになるかなぁ。

にほんブログ村 その他ペットブログ ミツバチ・養蜂へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
蜂場周囲の画像ですが、、、
右上の方に丘があるようですが?
あの丘に待ち受け箱は置けないんでしょうか?
何となく距離的にも良さそうに見えますが?

私は日除けに寒冷紗を使用しています。
風が抜けやすいので飛び難いですよ。
2m☓2mの寒冷紗を南と西側に広くとって設置しています。
そして、巣箱にはスダレをかけておくとまあまあの日除け対策になっています。
みつばちらいふ
2017/04/16 11:40
高くなっている所は他所の人の管理地なので、ダメなんですよ。

>日よけ対策
私は昨夏は100円ショップで買ったベビーシート用遮光カバーを使っていました。
丁度巣箱を正面から貯蜜部だけをくるむような形になるので、使い勝手が良かったです。
もっとも、昨年までは軒先に置いていて直接雨かからない状態だったので、完全野外の今年からは使えない手ですけどね。
ぜろ@土浦
2017/04/16 22:27
待ち受け箱だったら交渉できません?
他人の蜂が近くに居れば土浦様の蜂場待ち受け箱に入居するかもしれませんが、自群分蜂は近くに峰球は作っても蜂場内待ち受けに入居する確率は低いんじゃないかな?

あの丘、いいなぁ!
周りに果樹園が在る蜂場、、、

分蜂群はあの丘を目指しそうな気がします
みつばちらいふ
2017/04/16 23:32
丘の向こうはよくよく考えてみれば、農道と畑ですね。
というか、蜂場の東方以外は丘になっているので、何処に飛んでいってもおかしくない状態ではありますね。
とりあえずは、待ち箱と分蜂板を増設してみますか…。
ぜろ@土浦
2017/04/17 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
蜂場の植生 日本蜜蜂観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる